カウンター 忍者ブログ
現在時刻・月齢
プロフィール
HN:
朔 (櫻 朔夜)
性別:
男性
趣味:
自己紹介:
自己中30%・アルコール15%・思い込み20%・意欲35%,でも人生換算は120%(アホ

※イラストは某絵掲サイトにてQサマの線画に塗り・加筆させて頂いたモノです。
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[04/19 朔]
[04/18 名も無き通りすがりの匿名希望・9]
[03/10 朔]
[02/29 詐欺師シェフ]
[01/12 たーる]
携帯用QR-CD
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
化学変化の仮定と過程
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今帰ってきました。
んで、通勤はチャリだってのは毎回言ってるんだけど(ウザイ

よく下を見て走っている。大体は自分の2、3m先、路面を見ながら、だ。

だが今日は何だか自分の足元を見ながらこいでいた。
正確には自分の足を見ていた。一点集中して見ていると、
視界の両端を足が現れたり消えたりしながら交互に動く。
それを楽しんでいたのだよね(根暗



するとまぁ、足を見ていたから、
自分の視界に急に現れたそれに思わずギョッとした。
アスファルトに落ちていた、赤い、何だかよくわからない潰れたシミ。
思わず戻っちゃったね。だって、最初血痕かと思ったもんよ。

そんぐらい赤くて、紅かった。

アスファルトのグレーにその赤が広がって、ほとんど黒っぽかった。


よく見たら、それはその通りに面した家の庭の植木から落ちた実だった。
何の植物かは知らない。僕は、結構庭先とか公園にあるぐらいの植物だったら知っているほうだと思うけど、それでも見たこと無い、せいぜい5メートルくらいの、大ぶりの葉がついた木。
その下に、2・3個実が落ちてシミになっていた訳だ。
多分、野鳥…カラスかな?が食べて、落ちたのではないだろうか。実の中心は、白っぽい種があった。まるで肉から出た骨みたいにも見える。

…何だ、ただの実か。


そのぐらいに思ってまたチャリこぎ出したんだけど、
やけにソレが気になる。
遠ざかりながら振り返ると、花芯の白い赤い華が地面に落ちているように見えた。椿みたいな。




んで、今このPCの前に座ってからも、アレが気になって仕方ない。
帰ってくる途中も、ずっと考えてたわけよ。
アレを。ただ落ちているだけのモノに対してだけでいったら、ものすごいインパクトだったのかもしれない。塀の中の痩せた土で、たったあれだけの背丈で、あんな色の実がなる。それは落ちる。落下型の種子飛散の植物だろう。
けれど、落ちた先はアスファルト。その見知らぬ植物には、アノ一本に限っては、種の存続は限り無く可能性が低い。あれは本当に木の血痕だった。



僕が生まれて生きているこの瞬間が、例えば誰か、いや鳥にでも落とされた実みたいなもんだとしたら、とか考えた。
僕の周りにはどんなシミがあるんだろうかと思う。
そして、それはどこまで拡大するか?


アスファルトみたいなグレーの大地で、僕はどれだけ赤いんだろうな~なんて。
グレーの上で乾燥した赤は、次第に水分を失って黒くなり、最後に白い種が残る。その過程は、ただゆっくりした非現実のようでいて、ものすごく当たり前の事のようなきがした。

もしかしたら既に、僕は誰かのシミの一端で、ただ黒くなって雨に流れていくだけの存在なのかもしれない。


…とか考えたら、かなり腹立たしくなった。
僕はきっと、あのコントラストを求めている。グレーと黒と赤と白の。



僕が落とされた実だとしたら、間違いなく土に落ちてやる。
そこがグレーのアスファルトだとしても、別な色を入れてやる。
コンチクショウ……




とか、意味わかんない事を考えながらチャリ。
でも、もう足は見なかったな。


芽も出してやる。チキショウ


とか、ブツブツ言いながらチャリ。







何だか僕は熟して美味いような気がしてきたよ(悦
すんげぇ赤ぇの。
んで、他の腐ったみてぇな色したヤツとのコントラストが
目に痛いぐらい、僕は僕になってやる。




チキショウ


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
無題
ebi
あのさ、
本当に自分の頭の構造がよくわからないんだけど、貴方の日記を読む前に田丸麻紀のせいでなぜかカルーセル麻紀を思い出しちゃってさ、貴方の日記を読み終わった後もまだ頭に残ってるのよ。
貴方が赤とグレーと白のコントラストを忘れられず赤い実のことを考えちゃうのと同じように、なんでかカルーセル麻紀が消えないのよ。
なんでよりによってカルーセル・・・。

よくさ、痛さを打ち消すために他を痛くして相殺する荒技があるでしょ。
カルーセルと同じくらいインパクトのある有名人いないかな・・・。相殺できるレベルの・・・。

あ・・・なんだか貴方の蔑んだ目が見える・・・。


おやすみなさい。
無題
うは♪

カルーセルに対抗するぐらいの何か……


美輪さん?(一辺倒

最近あのコンビニのレジに美輪さんが立ってるCMあんじゃん?アレ、自分的にツボ 笑

Copyright: 朔 (櫻 朔夜)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog/ Material By 櫻 朔夜 / Template by カキゴオリ☆