カウンター 忍者ブログ
現在時刻・月齢
プロフィール
HN:
朔 (櫻 朔夜)
性別:
男性
趣味:
自己紹介:
自己中30%・アルコール15%・思い込み20%・意欲35%,でも人生換算は120%(アホ

※イラストは某絵掲サイトにてQサマの線画に塗り・加筆させて頂いたモノです。
ブログ内検索
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[04/19 朔]
[04/18 名も無き通りすがりの匿名希望・9]
[03/10 朔]
[02/29 詐欺師シェフ]
[01/12 たーる]
携帯用QR-CD
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
化学変化の仮定と過程
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


何でこんなタイトルかって、多分分かる人には分かる、本日の日付(笑)

レミオロメンの『3月9日』。自分は良い曲だと思っております。ファンの間では歴史的な名曲らしいっすね…しかしながら、自分、別にファンではないっす(汗)




末の妹が、デビュー当初から好きで聴いてはいたのだが、別にこれといって気にも留めずに聞き流しており、というか他曲ではありましたが、試聴した際にその良さが解らず(笑)、むしろ嫌っていたような……好きな人、ごめんなさい↓↓


で、昨年の年始頃に放映していたドラマ、『1リットルの涙』を見て、その挿入曲に(合唱曲として)使われていたのを改めて聴き、衝撃(笑)まぁ、素敵な曲だわ!と……(短絡的)



いや、ドラマの方はすいません、受け付けませんでした。病気の方を馬鹿にしてるわけじゃありません、そうではなく、その余りにも厳し過ぎる現実を、世間の苦労の某かも知らぬようなアイドルの小娘が、特番とかでチヤホヤされながら『見てください(はぁと』とか軽々しく抜かす宣伝紛いの行動や、それに釣られてその場でだけ、病気の人の辛さや喜びを分かったっぷりする、自分を含めた視聴者に腹が立った。だから自分はドラマでなく原作を読んでみた。うん、短絡的。



で、どうしたかと言うと、多分もう読まない。てか読めない。申し訳ない。軽い気持ちじゃ手に取れない、人の一生を垣間見ました。今まで手記的な本はたくさん読んだけど、毎回同じ気持ちになる。感動はする。だが感動だけでは収まらない、別の何かがある。そういつも思う。



自分のが病気かもしんねぇ。ある意味、それらの本の主人公達は、輝いていて、とても人間らしく、良く生きていた。




僕には生(逝)きながら、何ができるだろうか?




----------------------------------

瞳を閉じれば貴方が
瞼の裏に居る事で
どれ程強くなれたでしょう

貴方にとって私もそうでありたい

----------------------------------
レミオロメン
『3月9日』より抜粋

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 朔 (櫻 朔夜)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog/ Material By 櫻 朔夜 / Template by カキゴオリ☆