カウンター 忍者ブログ
現在時刻・月齢
プロフィール
HN:
朔 (櫻 朔夜)
性別:
男性
趣味:
自己紹介:
自己中30%・アルコール15%・思い込み20%・意欲35%,でも人生換算は120%(アホ

※イラストは某絵掲サイトにてQサマの線画に塗り・加筆させて頂いたモノです。
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[04/19 朔]
[04/18 名も無き通りすがりの匿名希望・9]
[03/10 朔]
[02/29 詐欺師シェフ]
[01/12 たーる]
携帯用QR-CD
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
化学変化の仮定と過程
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


何かを作り上げたり
何かを生み出したり
何かに切り替えたり
何かを断ち切ったり



そんなことをする為には
何もない所から始めるなんてことは
なかなか難しい 



もとからあるものが
何かもっと良い方向を探る時
何かもっと別の方法を見つける時
何かもっと違う道があった時

別なフィールドへの移行や転換に
新たなゼロが付き纏うのは
当たり前のこと

-原点に返る-



それが受け入れられず
それを見ないフリして
それから逃げつづけて

そんなことをするくらいなら
何もしないで享受するだけの
そんな人生の方がマシだ



それを嘆くなら



次のゼロ・フィールドに立つしかない。






かといって
壊す事が良いとも限らないけれど

破壊と創造が表裏一体なら
それらを別の存在と捉える僕らは
一体何なんだろう


無から有を

何も無い場所に根をおろし 鬱蒼と生い茂るその森に
何も無い場所に渦をまき 妙なる青のその海に


有から無を

生い茂ったその森を 枯らし朽ち果たし傷つける雨
青き広大なその湖を 枯らし乾かし傷つける熱



そのどちらもに何かの存在が無ければ
成立しないというのなら

無は有であり有は無である



ゼロ・フィールドは必ず傍にある




破壊する事で新たな道を作るのもまた
新たな破壊の対象を作ることでもある


僕らはいつかは
果てる宿命


果てた先には
また何か



原点に返ったとて
その原点が全く前回と同じとも限らない

ゼロは無を有するが故に
確かなものでは無い

僕のゼロは成長している
次のフィールドは
ほんの数ミリほど
高くなっているのかもしれない



そんなことを
思った


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 朔 (櫻 朔夜)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog/ Material By 櫻 朔夜 / Template by カキゴオリ☆