カウンター 忍者ブログ
現在時刻・月齢
プロフィール
HN:
朔 (櫻 朔夜)
性別:
男性
趣味:
自己紹介:
自己中30%・アルコール15%・思い込み20%・意欲35%,でも人生換算は120%(アホ

※イラストは某絵掲サイトにてQサマの線画に塗り・加筆させて頂いたモノです。
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[04/19 朔]
[04/18 名も無き通りすがりの匿名希望・9]
[03/10 朔]
[02/29 詐欺師シェフ]
[01/12 たーる]
携帯用QR-CD
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
化学変化の仮定と過程
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ニンゲン誰しも理想ってもんがあるだろう。
それに追いつくか追いつかないか、
実現できるかできないか、それは人それぞれだし
程度も次元も違う。

自分にとっての理想ってのは何だろうかと最近よく考える。



今の自分は、一面を見れば殆ど理想に近い生活をしていると思う。
世間の理想ではなく、自分の中のゼロを基準にした場合の話だが。

他の面はどうかといえば、それはまたそれぞれの自分に理想がある。


 自分には、会えば会うだけケンカをする知人がいる。
どうしても素直になれないのはお互いに意地を張りすぎるのも勿論だけど、会わない時間に互いを理想化しすぎているからだと思う。その会わない時間に、次にあったらこうしようとか、次に会ったらアレをしよう…とか、それぞれが色々なことを考えるわけだ。意思の疎通は全く無しに。

するとどうだろうか、会った時にはそれぞれの気持ちがすれちがって、上手く行かないことに腹が立ってしまうのだ。会わない時は会わないのだから、食い違いはしょうがない。
うまくやろうとするのなら、普段は大して相手のことを考えないのも、ひとつの手段なのかもしれない。

 気にしなければ会ったときのギャップさえ感じないまま、あぁ、こんなもんだったよな、などと受け入れられるのかもしれない。

 気心知れた仲間と会うとき、そんなに連絡を取っていたわけでもないのに、会ってみれば、あの頃と変わらない…などとよく言うが、それはそんなことなんだろうと思う。相手の事を普段から丁度良い距離で捕らえている上に、普段を知らないから、互いの頭の中は、最後に会ったときのままだ。成長するイメージすらない。

 だからかもしれない、昔からの知り合いとは気兼ねなく会えるのは。ニンゲンの頭は、巻き戻すことはできても、早送りはできないのだから。


 普段大して顔をあわせなくても、メールなり電話なり、こまめに連絡を取っていたりする相手の方が、よくわからなくなるのは自分だけだろうか。
 その場その場で、自分のカテゴリーの氷山の一角を見せ合い、誤解を持ったまま認識し続けると、「会う」という普段よりも長いスパンを迎えた時に、噛みあわない事やズレが多分に表れ、それをストレスとして受け取ってしまう。素直に聴ければいいが、自分は残念ながらその部類には属さない。

 というわけで、毎度ケンカしてしまうのだ。

 だから、何かをするときはこの相手、誘うのはこの相手、誘われるならこの相手、みたいな分類を誰でも持っているのだろう。自分以外の誰かとアクションを起こすなら、その波に乗れる、その時の自分と同じ歩調の他人が必要だからだ。成すことにあわせた人選、聞こえは悪いが、誰でも当然のように無意識で行っているのではないだろうか。

 自分の場合は、このケンカ相手はどこに属するというものでは全く無い。なのにまた会おうとする性懲りの無さ。これは或る意味中毒に近いような気がする。同じ極同士は相反するものだが、それぞれどちらかの対極がこちらを向こうとしているのではないだろうか。自分の大分類には、「こいつと居たらケンカ上等」みたいなものは無いが、ケンカすることが日常になりすぎて、会ったらケンカするものだと、深層では思っているのかもしれない。意外とアドレナリンとか出てるのかもね。



 そんな下らない話なのだけど、理想が良いか悪いかなんてよくわからない。
でもきっと、それが自分の理想なんだろうと思う。


 良くワラって、良く食べて、良く呑んで、良く寝て、
どんな付き合い方でも自分以外の誰かが居て、良く生きていられる。


きっと、それぞれの自分に唯一同じ理想といえば、きっとこれが
無二の理想なのだと、そう思う。




 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
無題
九龍
ん~。 同感。

ちょっと逸れるが、同級生やら同僚を、「友人」って言い切っちゃう人って、案外多い。
でも、俺から言わせてもらえれば、そんなのただ毎日会ってるだけの事で、損得やら利害を折り合い付けてるからこそ話が合うだけの人間関係だろうと。

込み入った話をした間柄だと、親しいとか勘違いするものなんかね。
俺はそんなの、何もかも違うと思う。 俺はやっぱり友人に求める理想は、親兄弟よりも尊敬を持てて、信用出来る事だと思うんだな。

面白い記事だった。
ありがとう。
無題
込み入った話かぁ…そだね。
世間一般ではそれが出来る人のことを親友と呼ぶらしいけど、自分はそれがないからなぁ。
別に込み入った話くらいなら誰にでもできるし(コラ

寧ろ自分は、そんな話なんかしなくていいから、
ただ一緒に居てくれたりとか、何も聞かないで居てくれるとか、そんなんで充分なんよね。
そういう人の方が信頼できるかな。嘘くさくない、そんな気がする。

自分の知人にも居るよ、数回会っただけでソイツを友人呼ばわりする輩が。
その気持ちと思考は、永久に理解できないと思う 笑


たとえケンカばっかでも、自分にとってはコイツが愛すべき友人だね。何かその反発する意見に惹かれる。根底では、その意見を尊敬していて、単純に聞きたいんだと思う。


もちろん、オヂチャンもその部類なんだけどねww

こちらこそ、ありがとう。




無題
九龍
しまった~~~! 俺もその部類かっ!

つか、俺とオマエは、何か同じ体臭がしそうな気がするよ!
同じ臭さだとか思ったよ!
無題
九龍
いや、つか待てよ!

何だよ、この綾波は!!!(爆)
無題
いやぁ~残念ながら加齢臭はしねぇなぁ…(シネ

あ、失敬!!!(オイ



ん~今更発言だな。オィチャンとアタィは多分かなりのレベルで臭うと思うよ 爆
んなことねぇとか思ったら失礼♪w




あ、綾波ぃ?←EVAヲタ

見つけて速攻ではっつけました。
むしろ綾波の為にテンプレート変えたwwww
朔まっしぐらな感じで。


かわいくねぇ~!?
ワハハハハwwww
無題
九龍
ムカ付くんだよ。
なんつーか、最近のパチ好きには、本気で腹が立つんだよ。

な~にが、「綾波リーチ」か?
なんちゃらのフラグ立てば100%リーチだとかさぁ・・・。

鼻毛伸びてるクソオヤジ連中が、原作もアニメも知らずに、パチ屋で貰ったネルフバッグとか持ってんじゃねーよ、と。 鼻歌で、残酷~歌うなっての。
しかも、オヤジ同士で、「サービス、サービスぅ」とか、当たり前に使うなっての!

気色悪いにも程があるっ!!!!!(怒)


何でもかんでも、パチかスロにするってのは、問題だとか思った。
リアルタイム派が、クソオヤジ連中に、「いやぁ、えばって、昔のアニメでさぁ」なんて語られた日には、殴り殺してやろうかとすら・・・。
無題
きゃ~(mm*)
殴り殺されるww
正にリアルタイム派の僕ですが、何かww
ガイナの金儲け意欲に脱帽!←多分かなり貢献
休みと言えば初号機プラモに塗装してるような女子中学生でした(爆)

まぁギャンブルはやらんから唯一の救いかと(笑)
えば台も見たかったけどね~打つくらいなら部屋に飾りたい…(究極

昨今のパチスロには呆れるモンがあるね~汗
最近は仮面ライダーに萎えた(笑)
無題
九龍
残念だが、えばスロはとてつもなく面白い。
あれはちゃんと、「えば好き」が作った台だ。 ファン垂涎のネタ満載だ。
ギャンブル場でやるからギャンブルなんだよ。
ゲーセンで、100円玉握り締めてやんなさいな。 もしくは、PSソフトで。
ビッグ判定のアクションシーンは、マジで、「おぉぉぉお!?」ってな感じだ。
「シンジ君、あなたは私が守る」なんて台詞の後にビッグボーナス確定なんて演出、半泣きだから。
しかも、ボーナス中はずっと、残酷~がそのまんまの絵で流れっ放し。 勿論、打ちながら歌う。
あれ、ホントに卑怯だよ。
ゲーセンか、ソフトでやれ。 損しないから。
無題
えば台が面白いのは知ってるさw
昨今は携帯アプリって手もあるぞww

ちゃんとパチ屋でぶたずともガイナ公式サイトにて
必勝お守り等々を…笑
攻略法方も掲示板チェックさ。でも、僕が住んでる周辺では、パチ屋自体の遠隔が酷くてね…
全国区の情報誌にダメ出しされてるくらいでね…
おカネが無いからね…地元戻ってきてからは2、3回しか行ってねぇ~~


て訳で、一通りゲームでえば台もやってはいるのさ~
同じバージョンでも微妙に設定違う台もあってさぁ、色が違ったりえばの顔が違ったりすんだぜwww
全部欲しい……

部屋に欲しい!!!!

Copyright: 朔 (櫻 朔夜)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog/ Material By 櫻 朔夜 / Template by カキゴオリ☆