カウンター 忍者ブログ
現在時刻・月齢
プロフィール
HN:
朔 (櫻 朔夜)
性別:
男性
趣味:
自己紹介:
自己中30%・アルコール15%・思い込み20%・意欲35%,でも人生換算は120%(アホ

※イラストは某絵掲サイトにてQサマの線画に塗り・加筆させて頂いたモノです。
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[04/19 朔]
[04/18 名も無き通りすがりの匿名希望・9]
[03/10 朔]
[02/29 詐欺師シェフ]
[01/12 たーる]
携帯用QR-CD
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
化学変化の仮定と過程
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

って、あるのだろうか。

国立駅舎の取り壊しを今日初めて知った。


馴染みだったあの三角屋根が、次に訪れる時にはもう無いのだと思うと、寂しく思う。

景観保護条例のある地区だから、きっとまた素敵な駅舎になるのだとは思うけど〔笑〕




変わらないものの良さ、ってのに古臭さを感じるわけではないが、いざ『不変の存在』を問われると、
答えられるものは意外と無い。

目に見えないぐらいの速度でも、時流が在る限り変化はある。
それに関わる事象や人物に最期がある限り、新たな関わりは永遠に続く。

不変であるものは、捉える側に『不変』という先入観を持って接してくる。
私達はその小さな変化を読み取る事なく受け流すことの方が多い。

『不変』の存在が崩れることの方が、変わったと認識するよりも受け入れ難いから。


きっと新駅舎も、国立の『不変』に無くてはならないものになっていく。

それが、変わらない日常の1コマになっても、
私は『変化』を忘れない。


『不変』のものとは、何かに対する人の思い込みや思い入れだったりするのだろう。


『変化する』ことを受け入れたり実行するのは容易くない。
ただ、何事に対しても、始まりだけは必ず存在するということ。

誰にも同じ『不変の存在』。


感じるか感じないかは
知る人ぞ知るってとこかな。







今日も私は、私の『不変』を過ごしている。

私を見失わない、それが私の『不変』であるから。


次に国立の地を踏む時には、
新駅舎を拝んで初めて、駅舎の変化よりも
国立に対する私の思いの『不変』を知ることだろう〔笑〕


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 朔 (櫻 朔夜)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog/ Material By 櫻 朔夜 / Template by カキゴオリ☆