カウンター 忍者ブログ
現在時刻・月齢
プロフィール
HN:
朔 (櫻 朔夜)
性別:
男性
趣味:
自己紹介:
自己中30%・アルコール15%・思い込み20%・意欲35%,でも人生換算は120%(アホ

※イラストは某絵掲サイトにてQサマの線画に塗り・加筆させて頂いたモノです。
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[04/19 朔]
[04/18 名も無き通りすがりの匿名希望・9]
[03/10 朔]
[02/29 詐欺師シェフ]
[01/12 たーる]
携帯用QR-CD
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
化学変化の仮定と過程
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて。
海水浴の予定だったから、海行ったという話で始まるのがスジですが、


違うんだなぁ~~www



ハプニング勃発。


3人揃って海へと向かっている間、自分が末の妹と電話していた時に発した「映画」という言葉に反応する運転手。。。。

「やべ、彼氏と映画の約束してたんだった~!!」


おいおいおいおいおい!!!!自分ともう1人は、
とにかく海はいいから帰ろうよと。
あかんよ、約束忘れちゃ………汗

まぁ、それほど呑んでたし乗っちゃってたんですけどね、きっと 笑

で、残った自分と友人とで、行き先変更してイオンS.Cへ。
タワレコでCD見たりして、時間潰して………
友人は夕方からバスケの練習と言っていたので、
とりあえず14時過ぎに我が家へ帰宅。

イオン居る間にメルしていたので、
この間ウチで飲み明かした今度は中学の同級生(♂)と
遊ぶことに。15時くらいに来訪。

とりあえず、一昔前のコピーコントロールCDのマニュピレートを頼まれていたので、CD焼こうぜと始まったのはいいものの、たった1曲に750MのCD-R使うのはもったいない、と、
レンタル屋へ急行。めぼしいモノを漁って帰宅し、PCフル稼働。。。
なんだけど、自分のPC、描いてるイラストのデータとかで意外と重い上にノートだから、処理が遅くて二人でヒマヒマ。。。

そういや隣の市が今日祭りじゃね……???

行っちゃう??w


みたいな感じで、6時位には既に隣市の祭りに着地。

やぁ~楽しかったね!!やっぱり祭りはいいよね!!
この間、自分も祭り出たけどさ、やっぱりテンション上がるわ。
どっかでケンカでも起きやしないかとワクワクしてましたがwww


まぁ、それは冗談としても、♂の兄さん家族に会ったり、
鹿島神社の神輿集団に所属している友人を追っかけたり、
ビール片手にフラ付いて、♂は可愛い女の子を、
自分はかっこいい男の子を探して(笑)放浪すること
2時間くらい。。。

さてどうする~??
あ、海行っちゃう!?www

ということで、昼間のリベンジ 笑

流石に入水はできませんでしたけど、浜のベンチに座って一服。他人の花火を見てダラダラして、
「普通夜の海って、カップルで来るもんだよね。。。」
と、互いの境遇に嘆きつつ無意味な慰め合いをしながら
さて~帰るか~ってころ。

母親から着信。


なんだなんだ!?
と出てみれば、父親。
末の妹がまたしても昨日から無断外泊だと。
今日もまだ帰ってきていないと。
お前のところに行ってないのかと。

いや、自分は友達と祭り来てたし、つうか昼間、
ちゃんと帰るように電話したばっかなんだけど!?

と、とりあえず妹へ電話。

…彼氏の家に居やがった。しかも、大層、態度が悪い。
そして、何も解っていない。
というか、ナニが自分に今必要か、考えるどころか
知ることすらしない。
もう、姉貴は頭きたね。とりあえず22時までは待ってやるから、
表へ出ろ!!!!と、正直ここ最近で1番頭来たかも。
電話しながら怒りでプルプルしてたね 笑
友人が居なかったら電話地面に叩きつけてたかもしんない 笑
とにかく、怒りを静めようと友人右往左往。

妹は妹で、迎に行けば彼氏が出てくる。
挨拶もそこそこ、もう笑顔作るのが大変でした…汗

で、帰宅後、説教開始。
別に無理強いするつもりも、過干渉するつもりもない。
だが、怒るだけ怒って見放すつもりもさらさら無い。
だったら言うべきことはしっかり言って、
間違いは間違いだと教えてやる人間が居ないといけない。

自分が両親から離れた理由と、多分妹も一緒だ。
意識も自我も違うけど、自分は今の妹と同じ歳(20歳)で
両親と決別してしまったのだよ。
けど、自分には守ってくれたり味方になってくれるヤツは誰も居なかった。
自力で20歳の女の子が生きるには、自分の頃より
更に生き難い社会なんだよ。今は。そしてその覚悟はお前には無いと。
お前は違う、味方は居るしちゃんと居場所はあると伝えたかったのさ。
だから頼む、心配と迷惑はかけてくれるなと。
それが出来ない限り、お前はいつまでたっても一人前じゃねぇんだよと。
我侭言って聞いてもらえないから居場所が無いんじゃない、
お前の行動が自分で居場所をなくしてるんだと。
家族って人間のコミュニティ(mixiのコミュは論外)の最小単位だからね、きっと。
まぁ、自分にはいらないモノだったし、今も欲しているかといえば
そうではないけど、妹にとってはあった方がいいものだ。

大体、何のために両親に頭下げたと思ってるんだ……
いい加減姉貴の顔を潰すなよと言いたいね!!
言わないけど。


そして結局、♂を交えて3人で宅呑みへと移行(結局ソレ
私が自制できなくなるんじゃないかと、心配してくれたんでしょうな。
妹の代わりに礼を言いますよ。ありがとさんです。



とにかく、そうこうしているうちに妹就寝。
両親には我が家へ連れ帰ったことを報告し、眠れないまま
♂と話し続けて朝を迎えましたとさ。

【続く】←どこまでやるんだこの野郎。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 朔 (櫻 朔夜)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog/ Material By 櫻 朔夜 / Template by カキゴオリ☆