カウンター 忍者ブログ
現在時刻・月齢
プロフィール
HN:
朔 (櫻 朔夜)
性別:
男性
趣味:
自己紹介:
自己中30%・アルコール15%・思い込み20%・意欲35%,でも人生換算は120%(アホ

※イラストは某絵掲サイトにてQサマの線画に塗り・加筆させて頂いたモノです。
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/19 朔]
[04/18 名も無き通りすがりの匿名希望・9]
[03/10 朔]
[02/29 詐欺師シェフ]
[01/12 たーる]
携帯用QR-CD
アクセス解析
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
化学変化の仮定と過程
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はい、所属コミュニティ(mixi)にて見かけましたんで。

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=3984017&comm_id=965


え~…ナイっす。



良く生きて、
良く死ぬ。

これに限る。

あえて説明をつけるなら

生まれたと同時に既に死は始まる(死に向かう)。
死んだと同時に、更なる生が始まる(記憶に残る)。
これを前提としたい。


極楽や天国、地獄や錬獄などと言うものは
死者に必要なものではなく
生者に必要なものであると
私はそう思う。


輪廻転生が久遠のループであるのなら
刹那の人生など取るに足りない。


私は生きたい、そして良く逝きたい。

生きることにシノゴノ言いたくない。
生きるならしがみついてでも。
死ぬ時も後悔、いや懺悔などしたくない。
死ぬのなら生き様全開にして笑う。


だからこそ
犬死にはしたくない。
だからこそ
全力で生きる。


生ける間に何をしようとも
それが全力であり自分であるなら
何をしても構わない。
むしろ何をしようが勝手だ。

死を迎えるに当たり
とにかくやりきった、
その感情に沈む為に生きる。
終わりよければ全て良し。


死んだ後の事は
死んでから考えよう。
遠くて近いその瞬間は
果ての無い頂上であり
標高は皆違う。

私には私なりの生死がある。
アナタにはアナタの。


人生かけて誰もが表現・体現できる
究極の個性の象徴が生死であると
私は考える。


この反復していく日常で。



(皮肉)




以上。




追記:因みに私は人並み以上に
貪欲で煩悩まみれだ。
つまり生きることに対し
常に我儘。
そうでありたい。

 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: 朔 (櫻 朔夜)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog/ Material By 櫻 朔夜 / Template by カキゴオリ☆